2006年度

国際会議論文(査読つき)

  • Nobuhiko Nishio, Koji Shuto, Kiyoto Tani, Takamichi Ishihara, Tomonori Morikawa, “Wonder Wall: Realization of Interactive Wall in the Movie “Minority Report”,” The Eighth International Conference on Ubiquitous Computing (UbiComp2006), Demo Session, Orange County, California, USA, 19th Sept., 2006. [PDF]
  • Nobuhiko Nishio, “PRECOG-Tag: Privacy-Controllable Personal Identification,” The Eighth International Conference on Ubiquitous Computing (UbiComp2006), Poster Session, Orange County California, USA, 19th Sept., 2006. [PDF]
  • Chong Chol Song, Nobuhiko Nishio, “A Service-oriented Autonomous Grouping Mechanism in MANETs,” The Eighth International Conference on Ubiquitous Computing (UbiComp2006), Poster Session, Orange County, California, USA, 19th Sept., 2006. [PDF]
  • Yu Enokibori, Nobuhiko Nishio, “Framework for the Use of Legacy Software in Ubiquitous Computing Environments,” System Support for Ubiquitous Computing Workshop (UbiSys2006), Part of UbiComp2006, Orange County, California, USA, 18th Sept., 2006. [PDF]

国内会議(査読つき)

  • 《研究奨励賞》中野 悦史, 河口 信夫, 西尾 信彦, “IPv6 Everywhere: IPv6接続のための適応的トンネル構成機構,” インターネットコンファレンス2006,2006年10月23日.[PDF]

国内ワークショップ(査読つき)

  • 横井一輝, 西尾信彦, “人による明示的なタスク伝達を用いたコンテキストアウェアグループウェア,” 日本ソフトウェア科学会,第10回プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ(SPA X),2006年8月.
  • 谷川善紀, 西尾信彦, “異種プラットフォーム間連携を想定したイベント付随型 RMIによるサービス連携機構,” 日本ソフトウェア科学会,第10回プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ(SPA X),2006年8月.

国内ワークショップ/ポスター・デモ(査読なし)

  • 石原孝通, 倉田哲也, 久野綾子, 西尾信彦, “PCはどのくらい自位置に気づけるか?,” 新世代ロケーションアウェア技術・サービスに関するワークショップ(PLACE+),2006年11月.[PDF]
  • 田中宏一, 西尾信彦, “Secure Semantic Tunnelingによるスマート空間接続の提案,” 日本ソフトウェア科学会,第10回プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ(SPA X),2006年8月.
  • 小山温和, 西尾信彦, “街中大型ディスプレイ向け歩行者追尾システム,” 日本ソフトウェア科学会,第10回プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ(SPA X),2006年8月.
  • 《アイディア賞》須藤祐哉, 西尾信彦, “日常動作に連動するGUIを用いたPUSH型情報配信システム,” 日本ソフトウェア科学会,第10回プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ(SPA X),2006年8月.
  • 榎堀優,西尾信彦, “仮想化スマート環境の動的構築,” 日本ソフトウェア科学会,第5回SPAスプリングワークショップ(SPA-SPRING 2007), 2007年3月.[PDF]
  • 馬谷達也,西尾信彦, “日常動作に連動するリング型GUIの動的生成,” 日本ソフトウェア科学会,第5回SPAスプリングワークショップ(SPA-SPRING 2007), 2007年3月.[PDF]
  • 《ポスター優秀賞》坂本憲昭,西尾信彦, “ホスト情報を用いたユーザコンテキスト推測機構の提案,” 日本ソフトウェア科学会,第5回SPAスプリングワークショップ(SPA-SPRING 2007), 2007年3月.[PDF]
  • 寺師佳彦,河口信夫,西尾信彦, “HakoniwaNet: スマート環境における安全な仮想ネットワーク技術,” 日本ソフトウェア科学会,第5回SPAスプリングワークショップ(SPA-SPRING 2007), 2007年3月.[PDF]

国内研究会

  • 田中宏一,河口信夫,西尾信彦, “Secure Semantic Tunnelingによる異種スマート環境接続の設計,” 情報処理学会,第12回ユビキタスコンピューティング研究発表会, 2006年11月9日. 竹田和弘,西尾信彦, “少数のランドマークを用いたMANETプロトコルの効率化,” 情報処理学会,第12回ユビキタスコンピューティング研究発表会, 2006年11月9日.
  • 首藤幸司,西尾信彦, “センサフュージョンを利用した個人行動の未来予測機構,” 情報処理学会,第12回ユビキタスコンピューティング研究発表会, 2006年11月10日.
  • 石原孝通,西尾信彦, “自律的トレーニングデータ収集による屋外位置情報システム,” 情報処理学会,第12回ユビキタスコンピューティング研究発表会, 2006年11月10日.
  • 井上貴仁,服部篤人,田中宏一,河口信夫,西尾信彦, “適応的変換機構を用いた異種サービス連携の実現,” 情報処理学会,第13回ユビキタスコンピューティング研究発表会, 2007年2月22日.
  • 森川知憲,西尾信彦, “個人の特定と測位情報を制御可能な相互認証型タグシステム,” 情報処理学会,第13回ユビキタスコンピューティング研究発表会, 2007年2月23日.