u-city

街角の自動販売機に無線通信機能や高機能デバイスを埋め込み、光ファイバーを使って互いを結ぶことで街中にユビキタスネットワークを形成し、利用することで、防犯・防災・観光といった様々なサービスを提供するための基盤を構築する研究開発プロジェクトです。  現在、大阪府市との連携体制のもと、富士電機・近畿コカコーラボトリング・ミズノ・関西電力・アイコム・松下電器をはじめとする多数の企業が参画しています。  まず、防犯に焦点を合わせた第一次実証実験が2005年度末に大阪市内で予定されており、以降は防災・観光・広告・店舗案内などに力を入れた実験を行っていく予定です。