メンバーの声

就職するB4より

私が西尾研でこなしてきた様々な課題はどれも一筋縄ではいかず、達成までに非常に苦労しました。 そしてその中でも、卒業研究計画書を書き上げた事が最も苦労したことではないかと思います。 これは卒業研究のテーマを自分で見つけ、どう解決していくのかをまとめ上げたレポートなのですが、いざ文章を書いてみると支離滅裂な文章になることが多々ありました。 しかし、諸先輩方により繰り返し添削していただく事でどんどん磨き上げられ、またその過程を通して、「論理的思考力」を身に着ける事ができました。

西尾研で得た事は、就職活動中のエントリーシートの書き方や面接での受け答えにも反映され、 その結果、数社から内定を頂くという結果に結び付いたのだと考えています。

またそれ以外にも、先輩後輩等は関係なく仲が良く、諸先輩方が親身になって相談に乗ってくれる風土があり、更には、度ある飲み会やたくさんの楽しいイベントは非常に魅力的です。

皆さんも、西尾研で大変だけど楽しく研究をしませんか!?

進学するB4より

大学院へ進学することの大きな利点として、より深い研究ができることはもちろんですが、卒業していく先輩方が残した技術をしっかりと継承できることがあります。 特に進学するB4は、今後、研究室やプロジェクトを運営していく必要があるため、就活を行っているB4よりも、さまざまな知識を得られる機会が多いと思います。 また、学会や研究会への積極的な参加も行っています。このような対外的な活動を通じ、研究室外の人からの意見や考えを聞くことで、更なるレベルアップを図っています。 そして、これらの経験は将来必ず役に立つものだと思います。

私達の研究室は、知識をつけ経験を積むには最高の環境が整っています。本当に力をつけたくて、興味のある分野がある人にはとてもおすすめです。 もちろん、現段階で技術や知識に自信がない人でも大丈夫です。積極的に研究室の活動に参加することで、必ず力がつきます。

私達と一緒にがんばりましょう!