お知らせ‎ > ‎

東京駅周辺屋内外シームレス測位サービス実証実験への参加

2016/03/03 6:12 に rits.ubiユビキタス環境研究室 が投稿
東京オリンピック・パラリンピック開催を見据え、東京駅周辺の地下街に設置された外部インフラなどを用いて測位を行うサービスの実証実験として、「東京駅周辺屋内外シームレス測位サービス実証実験」が2016年2月4日から2016年3月6日まで行われており、西尾先生と学生1名が参加してきました。



報道関係者向け説明会が行われた実証実験初日には、西尾先生が参加されているコンソーシアムが開発している「G空間地下街防災システム」のデモを行いました。

「G空間地下街防災システム」はスマートフォンとタブレットを用いて、主に地下空間において現場で活動する避難誘導員の動態管理や指示、災害情報の配信など行うことができる防災管理システムであり、実証実験初日のデモでは東京駅周辺地下街で避難誘導員を模したユーザの動態管理や指示、防災情報の配信などを行いました。


関連記事

東京駅周辺~東銀座の地下街ダンジョンなどシームレスにナビ、国交省が試作Androidアプリ公開 INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20160205_742427.html

高精度測位社会プロジェクト 東京駅周辺屋内外シームレス測位サービス実証実験グループ事務局
http://www.koseidosokui.tokyo/

東京駅周辺屋内外シームレス測位サービス実証実験 国土交通省
Comments