HOME

立命館大学 ユビキタス環境研究室

本研究室では,ユビキタスコンピューティングを題材として,自律・分散・協調システムを構築することを目標に研究を行っています.


  • 最新のお知らせ 
  • DICOMO 2019参加報告 2019年7月3日〜5日に福島県磐梯熱海温泉で開かれたDICOMO2019シンポジウムに学部4回の吉川大地, 浅井宏斗が参加/発表しました.学生や教員に限らず企業の方も参加しており, 参加総数は400人以上でした.DICOMOは情報処理学会主催で運営される, マルチメディア, 分散, モバイル, ITS, セキュリティ, ユビキタスなどと対象分野が多岐に渡るシンポジウムです. 本研究室も毎年参加しています. 発表は各分野ごとに会場を分けて行われました.吉川は「スマホとレーザポインタだけでできる屋内3次元モデルの生成」, 浅井は「ヒアラブル端末によるPDR測位での首振り動作推定手法」というタイトルで発表しました.他大学の教員の方や企業の方の前での初めての発表ということもありとても緊張しましたが ...
    投稿: 2019/07/29 23:44、浅井宏斗
  • 3回生の皆さんへ 研究室公開のお知らせ 3回生の皆さんこんにちは.2019年度の配属情報は以下のページで公開しております.配属希望者向けページ研究室に関する様々な内容を公開しておりますのでご覧ください!また,是非,研究室へお越しください!説明会が開催されない日も見学可能です.研究室配属は3回生後期から卒業まで所属する研究室を決めるとても大事な選択です.多くの研究室を見てまわり,先生や研究室の先輩方から話を聞かれることお勧めします.当研究室の先生やメンバーからも,たくさん話を聞き研究や研究室について理解を深めてください.お待ちしております
    投稿: 2019/06/08 1:50、浅井宏斗
  • Human Interface学会論文誌への採録が決定しました. M1のmoiがHuman Interface学会論文誌へ投稿した論文 "Manual Grading Task Support System with Interactive Correction Mechanism"の採録が決定しました。本研究は、moiがB4の3月~4月に行なっていた研究で、ジェスチャ認識の過程に対話的な訂正機構を取り入れ、新たなプロセスモデルを提唱したものです。加えて、当該モデルをディープニューラルネットワークおよび特徴点抽出を用いた手書き採点作業に適応した結果をまとめたものとなります。本研究は、国内学会、国際学会への発表を経て、論文誌への採録に至りました。共著者のfumiyaさん、村尾先生 ...
    投稿: 2018/12/02 22:01、山本晃平
  • Ubicomp2018/HASCA2018参加してきました 10/8から10/12までシンガポールで開催されたUbicomp2018とHASCA2018へM1の原田が参加・発表をしてきました.Ubicompはユビキタスコンピューティング分野のトップカンファレンスです.世界最高峰の研究を目にすることができ、非常に有意義な時間となりました.HASCAはUbicompに併設されているワークショップです.初めての海外発表ということで緊張しましたが,様々なアドバイスを頂くことができ,今後の研究に活かしていこうと思います.
    投稿: 2018/10/30 20:51、原田翔平
1 - 4 / 34 件の投稿を表示中 もっと見る »