HOME

立命館大学 ユビキタス環境研究室

本研究室では,ユビキタスコンピューティングを題材として,自律・分散・協調システムを構築することを目標に研究を行なっています.



  • 最新のお知らせ 
  • Human Interface学会論文誌への採録が決定しました. M1のmoiがHuman Interface学会論文誌へ投稿した論文 "Manual Grading Task Support System with Interactive Correction Mechanism"の採録が決定しました。本研究は、moiがB4の3月~4月に行なっていた研究で、ジェスチャ認識の過程に対話的な訂正機構を取り入れ、新たなプロセスモデルを提唱したものです。加えて、当該モデルをディープニューラルネットワークおよび特徴点抽出を用いた手書き採点作業に適応した結果をまとめたものとなります。本研究は、国内学会、国際学会への発表を経て、論文誌への採録に至りました。共著者のfumiyaさん、村尾先生 ...
    投稿: 2018/12/02 22:01、山本晃平
  • Ubicomp2018/HASCA2018参加してきました 10/8から10/12までシンガポールで開催されたUbicomp2018とHASCA2018へM1の原田が参加・発表をしてきました.Ubicompはユビキタスコンピューティング分野のトップカンファレンスです.世界最高峰の研究を目にすることができ、非常に有意義な時間となりました.HASCAはUbicompに併設されているワークショップです.初めての海外発表ということで緊張しましたが,様々なアドバイスを頂くことができ,今後の研究に活かしていこうと思います.
    投稿: 2018/10/30 20:51、原田翔平
  • IPSJ SIG AAC 学生奨励賞 受賞 情報処理学会の第7回アクセシビリティ研究会(Assistive & Accessible Computing)にて、学生奨励賞をM1のmoiが受賞しました。発表論文タイトルは「視覚障害者の移動特性を考慮した位置推定手法」であり、moiがIBM Researchの学生研究員としての成果を発表したものとなります。(参照: http://ipsj-aac.org/%E5%AD%A6%E7%94%9F%E5%A5%A8%E5%8A%B1%E8%B3 ...
    投稿: 2018/11/26 21:05、山本晃平
  • コンピュータサイエンス領域奨励賞受賞 情報処理学会の2018年度コンピュータサイエンス領域奨励賞(IPSJ Computer Science Research Award for Young Scientists)をM2の福富が受賞することになりました。表彰式は後日行われます。(参照: https://www.ipsj.or.jp/award/cs-award-2018.html)コンピュータサイエンス領域奨励賞は「特に優秀な研究発表を行った若手会員,もしくは,それと同等以上の実績をあげた若手会員に贈呈」されるもので、昨年度、組込みシステムシンポジウムで発表した「スケーラブルなROS環境に向けた資源管理機構 ...
    投稿: 2018/07/31 20:36、Daisuke Fukutomi
1 - 4 / 32 件の投稿を表示中 もっと見る »